兄弟会

私には兄が3人居ます。母が生きていた頃(20年前)は、子供連れで新年の挨拶会を各家で持ち回りでやっていました。

母が亡くなってからも兄弟は毎年伴侶同伴で集まっていました。最近少し間遠になり、3年前に長兄の傘寿祝いの後、昨年は私ら夫婦が手術を受けたりして集まりませんでした。長兄の奥さんは昨年80歳を迎えられたので、今年次兄の傘寿と一緒に遅ればせながらお祝いすることになりました。今回は特別に私の長男、長女が共に集いました。というのは私が長男を出産したころ勤めていたので実家に暮らしていた次兄の奥さんが1年近く乳児を預かって下さったのです。其の頃3歳と1歳の幼児が居たにも拘らず義姉は大変鷹揚に面倒を見て下さいました。その後も何かというと実家に通っていたので、年子の長女も3番目のやんちゃ坊主もすっかりお世話になり次兄家族の一員みたいに育てて頂きました。それなのに暢気な私は今まできちんとしたお礼もせずに来てしまいました。やっとお礼を言うチャンスがあって良かったです。

 

こじんまりとした和食のお店でミニ懐石を用意して頂きましたが、とても可愛くて食べてしまうに忍びないようなお料理でした。

味も良くてまた来たいと思いましたが、急な階段を上らなければならないので、3年後では上がれない人も出て来るかもしれません。

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さゆり(Sayuri) / 家族 familiano / CM(0) / TB(0)
中学時代の恩師

中学校卒業以来60年も経ちました。先日14年振りに3回目の同期会が開かれました。

8クラス435人居た同期生も亡くなった方34人、転居先が判らなくて随分減ってしまい、お知らせを送ったのが

250枚。宛先不明で戻ってきたのが24枚、亡くなられたというお知らせも4枚ありました。

担任の先生方8人のうちご存命は3人ですが、お二人は健康がすぐれず、出席して下さったのはK先生だけでした。

K先生は89歳になられたそうですが、足が少し弱っていらっしゃる他は雰囲気が60年前とちっとも変わらず驚きでした。

さらに驚いたことに、毎日午前中に家事をこなし、11時から20時まで入院中の奥様のお見舞いに通っていてお忙しいとの事。

「そのお蔭で健康を維持しています」とおっしゃっておられました。

 今回も各クラスから2人ずつ幹事さんが同期会の準備をして下さったのですが、私も末席でどのような作業が必要なのかを学ばせて頂きました。幹事さんたちのご協力のお陰で参加者54人で愉しい集まりが実現しました。

先生に差し上げる記念品として「中学校時代の思い出」を募集したらどうかと私が提案をして9人の方からエピソードを寄せて頂けました。それをM氏が綺麗な紙に印刷して素敵なファイルに仕上げて下さいました。折角なので会場で本人に読み上げて頂いたら思い出話に花を添えることができるのではないかという事で紹介させて頂きました。なかなか好評だったと思います。

親友のAさんが担当の会計だけでなく全体の計画を立てて進めて下さり、とても和やかな集いになりました。会場探しからケイタリングの交渉、彼女の手腕は大変なものです。

 

K先生は理科の授業をして下さったのですがとても印象的な授業でそれに魅せられたAさん、Hさん、私などが将来理系に進むことになりました。一人の教育者がどれだけ生徒に影響を与えるかの実例の一つと思います。

私もK先生に見習って中学校では面白い授業を心がけました。(僅か5年間しか働けなかったのですが)薬学部に進み薬剤師になっていまだに交流をして下さる昔の生徒さんが一人だけいらっしゃいます。(もうお孫さんが出来たというのでびっくりですが。。。)

本当に嬉しい出来事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

さゆり(Sayuri) / Amiko 友人 / CM(2) / TB(0)
アマリリス

これは2輪咲いているところ

2015年散歩の途中で素敵な花いっぱいのお宅を愛でていたら、アマリリスの鉢を気前よく下さった方がありました。

最初は2つ花が咲いたのですが昨年は3つ、今年は4つも大きな花が咲きました。

丈もすごく高くなり立派です。来年はどうしたらよいかしら?大きな鉢に移すと重くて移動できなくなり我が家のベランダでは日に当てる事も出来なくなってしまうのです。

かといって地面に降ろすと何と花を盗んでいく人が居ますので、困ります。

 

このブログは無料で使える範囲では写真を回転できないのです。横向きで御免なさい。三枚目は4輪咲いているのですがうまく写真に入りません。

さゆり(Sayuri) / Floroj 花 / CM(0) / TB(0)
75歳の誕生祝

夫の誕生祝に娘が好物のチョコレート持参で来てくれました。

カーネーションは息子からの母の日のプレゼントです。毎年欠かさず贈って貰って

ありがたい事です。

高級チョコレートは娘婿からのプレゼントです。食べるのがもったいないくらい綺麗ですね。

これも夫が大好きなチーズケーキを娘が焼いて来てくれました。

夫にとっては1年で一番嬉しい日なのです。孫娘二人とも明るく

賑やかな様子を聞いて元気でいるのが何よりうれしい事です。

 

 

 

さゆり(Sayuri) / 家族 familiano / CM(0) / TB(0)
八ケ岳Esperanto館

随分久し振りにエスペラント館に宿泊しました。皐と八重桜が緑に映えていました。

20年以上も経ったとは思えない位、綺麗に使われています。役員の方々のご苦労の賜物です。

 

今回はHamarondoのメンバーでした。

 

お世話役の方のお陰で夕食には新鮮なお野菜がたっぷり用意されました。

 

懐かしい釜飯も皆の心をほんわかと温めてくれます。とても美味しかったのですが食べきれなかったのでおにぎりにして持ち帰りました。

さゆり(Sayuri) / Esperanto / CM(0) / TB(0)
健志の誕生祝

   

4月の初めに孫の誕生祝がありました。元気で4歳になって嬉しそう!

言葉も増えて毎日成長している様子が見えます。

 

お母さんと祖母の手作りのご馳走が並びました。

下の写真は金沢区野島の海際にある伊藤博文の別邸。

 

数は少ないのですが牡丹の花を育ててくれています。

 

 

さゆり(Sayuri) / Ĉiutaga vivo 生活 / CM(0) / TB(0)
あしかがフラワーパークへ

4月28日

初めて藤の花を観賞させて頂きました。想像をはるかに超えて豪華な花の園でした。

一生に一度の忘れられない素晴らしいお花見でした。

幸いこれ以上望めない程の上天気でした。朝6時半に家を出て10:30には園に着けました。

たった一つ残念だったことは、まだ時期が少し早くて白い藤は咲き始め、黄色い藤はまだつぼみは

小指ほどもありませんでした。全色そろって満開になる時期はまず望めないでしょうけれど5月10日頃のようです。

元気なら再訪したいくらいです。

1本の樹がこれほど広がっているのは信じられないくらいです。

見事な濃い藤色です。

 

薄いピンクは得も言われぬ優雅さです。

 

満開になれば樹の下が薄暗くなるほどのようです。

園の敷地が広大で隅から隅まで歩くと相当かかりそうですが、どこもきれいに可愛いお花が植えられて整備されています。

 

富山さんが撮って下さった写真です。後ろの藤は八重のようで濃い色ですね。

 

園内には藤だけでなく沢山のつつじやシャクナゲが咲き競っていました。

 

ソフトボール程の大きさで花はアジサイそっくりでしたがオオデマリと書いてありました。初めて見る珍しい花でした。

 

食堂で食べた日本そばには、柚子や桜の葉の香りが付けてあって美味しかったです。

たった1枚のかまぼこもおしゃれでした!

ここに載せきれない写真を以下のアドレスに置いてありますので興味のある方はご覧になって下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B7SDD5NgubAHLVZvS3EtalV3c00

 

 

 

 

 

 

さゆり(Sayuri) / Floroj 花 / CM(2) / TB(0)
源氏物語講座4年で200回になりました。

お陰様で200回も続けることが出来ました。

ほぼ3分の2進みまして、今は全8巻の内、5巻最後の「鈴虫」を読んでいます。

ここに4人の方が写っていませんが常時14人のメンバーが来て下さって有り難いことです。

4時間も時間が取れたので前半祝賀会で後半は講座をする予定でしたが。。。

自己紹介に時間がかかり、楽しいゲームに興じていたらあっという間に4時間たってしまいました。

 

ゲームも頭を使うものや2チームに分かれて歌を競ったり面白いものがあってとても嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さゆり(Sayuri) / Vivo 生活 / CM(0) / TB(0)
孫の歓送会

二人の孫が4月からアメリカに住むことになり歓送会を開きました。

昔と違ってSkypeでいつでも顔を見ながらおしゃべりできるので、遠くに行ってしまうという感覚がありません。

1年に1回は帰国すると言っていますので、どれだけ成長するかが楽しみです。

 

唐揚げ大好きというか、空揚げしか食べない陽くんのために沢山用意して下さいました。

 

これはカンパチという魚のカルパッチョです。トロのマグロのように脂がのって美味しかったです。

 

からす貝のピラフがとても美味しくできていました。私が作ると硬かったり柔らかすぎたり難しいのですが、炊飯器で普通に炊けばOKと。今度挑戦してみたいです。

皆の元気な写真が撮れて嬉しいです。菜海ちゃん、陽くん

行ってらっしゃい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さゆり(Sayuri) / 家族 familiano / CM(2) / TB(0)
お茶の生産者を訪問

静岡で40年以上お父さんの代から無農薬のお茶を生産している佐藤さんという農家を訪問しました。

実は今まで毎年お茶摘みに誘われていたのですが、遠くて行かれないと思い込んでいました。

行ってみればそれほど遠くないことが判り反省しています。

たまたま佐藤さんの茶畑の1部が東海道新幹線の建設現場にかかってしまいました。

折角長年苦労して無農薬の茶畑を育てて来られ、それを手放さなければならなかったのがどれ程の痛手だった事か、想像もできません。

ですが反対もできず代替え地を貰うことになりました。それは山を切り崩して造成された広い耕地ですが、なんと水が無いそうです。

これからポンプでくみ上げて、水を確保しなければなりません。苗木を植えて茶摘みが出来るようになるまで、まだまだ先の長い話です。

 

亡くなったお父さんを支えて来られた佐藤さんのお母さんもお元気で嬉しかったです。

訪問させて頂いた消費者の私達も40年も経って年寄りが増えてしまいました。

 

家の近くにある茶畑の見学。色々な種類のお茶を植えてあり、紅茶も好評です。

左後ろに見えているのがイノシシを捕らえる金属製の籠。家庭用冷蔵庫くらいの大きさがありました。

 

 

これは抹茶を作る機械。石臼を電力で廻すのです。他にも沢山の器械を設置しておられます。外の製茶工場に外注すると、普通の農薬まみれのお茶と混ざってしまうので、それを避けるためにすべての器械を自前で備え付けたのです。1年のうち10日しか使わないものとか、1か月稼働するだけの物とか。何千万円もかかったそうで、

その執念には感動させられます。

 

宿泊は近くの「健康ランドというホテル」でした。立派な15階建てのホテルの

下の階に風呂や健康マシンが備えてあり、びっくりするほどの混雑でした。

入館料2000円程で、1日遊んでいられるようで子供から年寄りまで大賑わいです。

一番愉快だったのが入館者は履物をロッカーに入れられてしまい、代金を払うまで帰れないという仕組みでした。

 

 

幸い天候に恵まれて富士山が美しかったのに写真を撮るチャンスを逃してしまいました。。。

さゆり(Sayuri) / Vojagxo 旅 / CM(0) / TB(0)