スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)
<< プレゼント | main | Hamarondoの活動 >>
8月のご報告


2年半続いている「源氏物語を読む会」はお蔭さまで120回を超えました。毎週1回ですが、会場の関係で木曜午後か金曜午前か午後、場所も時間もまちまちなので、参加者にはとてもややこしいと思います。それでも殆どの受講者が止めずに継続して来て下さって、有難いことです。先日地域で発行されている「タウンニュース」というミニコミ誌に紹介して戴きました。会員募集とは書かれていないのに嬉しい事に2人の方が入会して下さいました。


今年は安曇野の桃が豊作で二箱目を送って貰えました。甘くて美味しくて本当に幸せな
ひと時です。これほど立派な物を作るのに生産者の苦労は計りしれませんが、感謝しつつ戴いています。




我が家の狭いベランダに夏ミカンの幼木が5鉢ほどあります。生ごみをたい肥にする過程で、かぼちゃはすごく沢山芽を出してどんどん育ち、かぼちゃの「もやし」?が食べられそうです。夏ミカンの芽も育っています。苗木にまでは育たないのですが、緑がきれいなので、水やりを続けているうち、蝶が卵を産みつけたようです。幼虫がすごい食欲で葉っぱを食べつくしてしまいます。葉っぱと同じ色でどれが幼虫か判りにくいでしょ?

これは今年の2代目です。そろそろ蛹になる頃です。蛹になってからどの位経つと蝶が誕生するのでしょうか?
是非観てみたいのですがいつの間にかもぬけの殻になってしまうのです。。。








 
さゆり(Sayuri) / Ĉiutaga vivo 生活 / CM(0) / TB(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://verda-sayuri.jugem.jp/trackback/417
この記事に対するトラックバック