スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)
<< バレンタインデーのプレゼント | main | 孫の歓送会 >>
お茶の生産者を訪問

静岡で40年以上お父さんの代から無農薬のお茶を生産している佐藤さんという農家を訪問しました。

実は今まで毎年お茶摘みに誘われていたのですが、遠くて行かれないと思い込んでいました。

行ってみればそれほど遠くないことが判り反省しています。

たまたま佐藤さんの茶畑の1部が東海道新幹線の建設現場にかかってしまいました。

折角長年苦労して無農薬の茶畑を育てて来られ、それを手放さなければならなかったのがどれ程の痛手だった事か、想像もできません。

ですが反対もできず代替え地を貰うことになりました。それは山を切り崩して造成された広い耕地ですが、なんと水が無いそうです。

これからポンプでくみ上げて、水を確保しなければなりません。苗木を植えて茶摘みが出来るようになるまで、まだまだ先の長い話です。

 

亡くなったお父さんを支えて来られた佐藤さんのお母さんもお元気で嬉しかったです。

訪問させて頂いた消費者の私達も40年も経って年寄りが増えてしまいました。

 

家の近くにある茶畑の見学。色々な種類のお茶を植えてあり、紅茶も好評です。

左後ろに見えているのがイノシシを捕らえる金属製の籠。家庭用冷蔵庫くらいの大きさがありました。

 

 

これは抹茶を作る機械。石臼を電力で廻すのです。他にも沢山の器械を設置しておられます。外の製茶工場に外注すると、普通の農薬まみれのお茶と混ざってしまうので、それを避けるためにすべての器械を自前で備え付けたのです。1年のうち10日しか使わないものとか、1か月稼働するだけの物とか。何千万円もかかったそうで、

その執念には感動させられます。

 

宿泊は近くの「健康ランドというホテル」でした。立派な15階建てのホテルの

下の階に風呂や健康マシンが備えてあり、びっくりするほどの混雑でした。

入館料2000円程で、1日遊んでいられるようで子供から年寄りまで大賑わいです。

一番愉快だったのが入館者は履物をロッカーに入れられてしまい、代金を払うまで帰れないという仕組みでした。

 

 

幸い天候に恵まれて富士山が美しかったのに写真を撮るチャンスを逃してしまいました。。。

さゆり(Sayuri) / Vojagxo 旅 / CM(0) / TB(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://verda-sayuri.jugem.jp/trackback/460
この記事に対するトラックバック