<< 日本語会話ボランティア | main | Esperanto日本大会 横浜 >>
義姉の朗読会

夫の長姉は86歳になるのにお元気で毎年朗読会に招待して下さいます。何と18回目になるそうで、小人数のグループですがたゆまず精進されて今年も素晴らしい朗読を聴かせて下さいました。どの作品を選ぶかが一番難しい事ではないかと思われますが、選んだ作品を1年間練習を重ねて発表するまでにどれだけのご苦労がある事でしょう。聴きやすい発声には体力作りから取り掛かると思います。

この機会を利用して千葉在住の別の姉家族とも会える有難いチャンスです。2年前には赤ちゃんだった甥の子供がもう3歳になり保育園で人気者のようです。今年は下に弟が生まれました。本当に嬉しい出会いでした。

 

 

長姉の娘である姪には何年振りであったか思い出せないくらいです。

元気で働いているという事が幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

さゆり(Sayuri) / 家族 familiano / CM(2) / TB(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

こはるさんからのコメントをとても嬉しく読ませて頂きました。来年も是非聴かせてほしいと心から願っています。姉から教えられることが沢山あると思いますが、普段お互いに忙しくしていて会えるチャンスが少ないのです。もっと心がける方が良いですね。
Sayuri / 2017.10.13(Fri)16:20
義姉さんはとても素敵な方ですね。
人前で声を出すというのが健康法になっているのかもしれないと思いました。
次回もたくさんの方が集まれるといいですね。
koharu / 2017.10.10(Tue)19:44
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://verda-sayuri.jugem.jp/trackback/474
この記事に対するトラックバック