スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)
<< 薔薇園 | main |
大磯散策

I.H.さんが大磯を案内して下さいました。

駅前にこんもりした森があり、とても静かなたたずまいで、こじんまりした良い町でした。

始めに海岸に出てお抹茶色の羽をもつアオバトを見に行きました。

上天気で富士山も見え美しい海岸でした。3回ほど群れが海面まで下りて水を飲みました。私は全くシャッターチャンスを逃しましたのでIさんの撮られた写真です。

羽の裏側がクリーム色で素敵です。

次に鴫立つ庵へ。しっとりした藁ぶき屋根の建物は俳句の殿堂?にふさわしい雰囲気でした。

旧吉田茂邸が焼失後再建されて美しく公開されています。建物の豪華さも驚きですが、窓からの景色の素晴らしいこと。

お庭も素敵でした。入口には薔薇がきれいに咲いていました。歩ければずっと奥まで広がっているのですが、今回は中心部だけしか拝見できませんでした。

Iさんが観光地図を拡大してコピーし、準備して下さった場所が他にもあったのですが、私の足が痛んで残念ながら今回はここまで。

次回にまた是非伺いたいと思います。

アオバトのこと:大磯海岸には美しい緑色のアオバトがなんと2〜30劼睥イ譴臣安山から毎日海水を飲みに集団で飛来するというので神奈川県の天然記念物に指定されているそうです。早朝に来ないとゆっくりは見られないようですがIさんが撮影した写真を送って下さったのでここにご紹介します。

肩の部分にぶどう色が見えるのがオスだそうです。何故海水を飲むのかというと主食である果実にナトリウム分が殆ど含まれていないので栄養分や水分を吸収しやすくするためではないかと言われています。

かなり波が荒いので時には溺れてしまう鳩もいるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

さゆり(Sayuri) / Vojagxo 旅 / CM(3) / TB(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

富山様:丁寧にコメント下さってとっても嬉しいです。
いつか貴女と一緒に旧吉田邸に行かれると良いのですが。。。
Sayuri / 2018.06.23(Sat)10:29
旧吉田邸が再建されたとは言え,当時の様子を伺わせるお屋敷と庭が
その人なりの雰囲気を感じさせてくれるかのようです。
富山 節子 / 2018.06.22(Fri)23:13
晴天の大磯海岸の向こうには富士山が!
何故か,北斎の浮世絵を連想させるような光景ですね。
しかも,緑色のアオバトが群れになって飛び交う様子は,まさに,絶景ですね。

鳩は,白いものしか見たことがありませんが,海に映えるアオバトは,圧巻です。
富山 節子 / 2018.06.22(Fri)23:04
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://verda-sayuri.jugem.jp/trackback/488
この記事に対するトラックバック